中堅社員研修の内容は

実力を伸ばす研修をしよう

中堅社員の研修をするときに重要なのは実力の向上を図ることです。何年間も働いている社員は着実に基礎を身につけてきているので、改めてこの段階で何か研修で学ばせる必要はありません。これからさらにスキルアップをして活躍できる人材にするという方針を立てて研修を行うのが適切です。職種によって学ぶべきことにも違いがあるので、職種別に特化した内容の研修を計画するようにしましょう。実践重視のアクティブラーニングにするのが効果的な方法です。また、きっかけ作りとして研修を位置付けるのも効果的で、社外研修に積極的に乗り出すように促す方針を立てても良いでしょう。特に社外研修の補助をしている企業では有効な方法になります。

メンタル面を育むのも必須

中堅社員になるとメンタル面に問題が生じることもあります。研修を通してもっと企業のために働きたいという気持ちを持ってもらえるようにするのも効果的で、啓蒙のための研修を行うのは合理的です。あらためて企業のミッションやビジョンを認識してもらい、どのような働き方をすれば良いのかを考えてもらいましょう。また、業務量が多い現場ではメンタルヘルスのケアが重要になるため、セルフマネジメントをできるように基本的な考え方や取り組み方を示すのも有効です。メンタル面を育むことで業務効率も向上し、仕事に対するモチベーションも上がります。人材を最大限に活用するという観点で効果的な研修になるので前向きに計画を立てましょう。

接客のセミナーは現時点の課題の発見と今後に向けた改善を図る良い機会です。顧客満足度の向上を目指す企業は要チェックのセミナーと言えます。